井上わたるの和光ブログ

和光市選出の埼玉県議会議員。埼玉県政や和光市のことをわかりやすく伝えます。

2008.03.29
おはようございます。


今日は、3月議会で取り上げた一般質問について、あと2つのテーマの報告が
出来ていなかったので、まとめて、2本立てでお送りいたしいます。


まず、1つ目のテーマ
『テーマ5 シルバー人材センターについて』 です。


シルバー人材センターは、ご存じのように
高齢者の方が登録をして、お仕事の紹介を受ける、というものです。


多くの場合、各自治体でシルバー人材センターを運営しているのですが
和光の場合、和光+朝霞+志木の3市で1つの
「朝霞地区シルバー人材センター」をつくっているのです。


今回の質問の目的は1つ。

「高齢者の方にもっと多くの就業の機会を提供できないか?」
ということです。


そのために出来ることは、

① 登録者を増やすこと

そして、

② お仕事案件を増やすこと です。


なお、②については、
(A) 市役所の仕事をシルバー人材センターに委託する。
(B) 市内の企業や個人に「シルバー人材センターを使ってくださいね」と促す。

という2つの方法があると思っています。



この視点の下で、

Q、現状の登録者&案件数は?
Q、現状の市として行なっている支援策は?

などを質問しました。(長くなるので詳細は省きます。)


和光市では、運営費の負担のほか、掲示板での掲示なども行なっています。

それは、ありがたいことなのですが、
和光は、お仕事のほうが多く、働く高齢者が足りないという状況なのです。
※ほかの自治体では逆のこと(=仕事が少ない状況)のほうが多いそうです。


今後も、より多くの方が登録して、就業に結び付くように
市には、朝霞にあるシルバー人材センター事務局と連携を強めるように要望して
今回のテーマを終えました。



最後に。

結構ややこしい話にはなりますが、このシルバー人材センターを
『人材派遣会社』と思っている方も多いのですが、全く別モノです。

請負契約・・・というのに基づき、業務の完遂を行なうのですが、
市役所の過去の答弁を議事録で読んでも、
人材派遣会社から紹介を受けて人を配置しました。」・・・のように書いてあります。
     ↑
この“人材派遣会社”というのが、シルバー人材センターのことです。


人材派遣と請負では、
・指揮命令系統が違ったり、
・依頼する業務内容によっては、労働時間に対する考え方が違ったり  します。


議場でとりあげるような内容ではないと思っていますが、
今後の市役所答弁には、是非この点を上手く分けて言葉を用いてほしい、と思っています。






  BackHOME : Next 
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 12 13 14 15 16
18 20 21 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
井上わたる
年齢:
37
性別:
男性
誕生日:
1979/10/01
バーコード
ブログ内検索

井上わたるの和光ブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP