井上わたるの和光ブログ

和光市選出の埼玉県議会議員。埼玉県政や和光市のことをわかりやすく伝えます。

2020.07.05

こんにちは。

7/3(金)に6月定例会が最終日を迎えました。

報告したい・しなくちゃと思うことが多々ありますので、
今後随時投稿をさせて頂きます。







議事堂の生け花には季節の紫陽花が生けられて、
一階ホールが華やかになっておりました。


2020.06.28

こんにちは。

6/25(金)の議運で
「新型コロナウィルス感染症対策特別委員会」の設置が
自民党会派の発案で決定しました。




写真の説明はありません。



検証の必要性については我が会派も同感です。

会派としても設置された暁には積極的に発言をしていくことになります。




但し、“あくまで個人的”には、


「特別委員会という形を取らなければならないという“必然性”が有るか?」


については、慎重に議論するべきだった、と考えています。





① 委員会の審査イメージ



埼玉県議会では、時に特別委員会を設置します。



(その多くは自民党会派の発案。
一方で、我が会派を含めて提案している「議会活性化検討特別委員会」は
一向に反対を受けて設置されません。)



近年で出来た特別委員会と言えば、



・「県庁舎建替え等検討特別委員会」
・「熊谷市上之地内における農地転用許可等調査特別委員会」などです。



「庁舎建て替え」を例を考えると、審議の上、
全会派の主張を「意見・提言」をまとめています。
(言ってみれば、どの意見も否定せず、併記されました。)



一方、「農地転用特別委員会」は最終的な提言を採決し、
多数決を行いました。(多数の意見が通る形。)



また、庁舎建て替えでは視察も行いました。



こうした委員会の目指すところが不明瞭でした。





② 開催回数の見込み



ここ数日で東京・埼玉の感染確認者が急増しています。
思った以上に第2波が早く来る気がします。

設置は議会最終日の7月3日(金)。
実際に委員会が開催されるのは、それ以降となります。



先に述べた、
「県庁舎建替え等検討特別委員会」は令和元年度の7月~12月で3回。

「熊谷市上之地内における農地転用許可等調査特別委員会」は平成30年の11月~平成31年の3月の間に7回。




それぞれ時間を掛けて審査しています。



しかしながら、複数回の特別委員会を開催している暇(いとま)は
ないのではないかと考えます。

それなら、この定例会の間に開かれる
「常任委員会」を大いに活用すべきというのが私の個人的考えです。
(あとでも詳しく話します。)



そして、一層ひっ迫した状態で、
新たに関係する部局の職員を拘束することになります。

設置が決まった議運の場でも
「極力、職員の時間的拘束を軽くすることが必要だ」と我が会派としても発言しました。




③ 設置提案のタイミング



第1波の検証というが、検証は一般質問でも行なわれています。
何より、週明けには具体的な「議案」を伴う常任委員会が残っています。



常任ならば、議案に関連し、これまでの県の取組を確認できるし、
議案外のことも「所管事務調査」で調査出来ます。



検証の上、改善点があれば、付託されている補正予算に付帯決議をつけたり、
修正だって可能です。



その常任を開催すらしていないタイミングでの設置提案には
納得がいかないのです、私は。



しかも、私は所属の福祉保健医療委員会の場で
「所管事務調査をやりたい」と事前に申し出たところ、
「今回は議案が多く時間が厳しい」という感触でした。



時間的な調整は大事ですが、
例えば、委員会の翌日は「予備日」として、空けてあります。



ここを活用すれば、特別委員会の設置に頼らず審査が出来たのではないかと、思います。




④ 議案の付託について



神奈川県議会にも「新型コロナウイルス感染症対策特別委員会」がありますが、
ここでは議案付託は行なっていません。



一方、東京都議会では、
「新型コロナウイルス感染症対策補正予算等審査特別委員会」といい、
関連の補正予算を審査しています。




今後、埼玉県議会においても、6月定例会が終わった後、
さらなる補正予算が発生することがあります。



この場合、議案を付託し、審査することがあるのか?ないのか?、
ここも設置前に明確にすべきだったと思います。




⑤ 設置の必然性



特別委員会でなければならない理由は何か。



提案者からは「部局横断的な審査のため」と発言がありましたが、
委員会は結局、答弁は担当部局が担当部門について答えます。



よっぽど複数の視点を絡めた質問をしない限り、部局横断にはなりません。



この部局横断的に提案をした以上、
「本当に設置するに足る質問(及びそのための調査)が出来ているか?」
という視点が議員側にも向けられるべきかと思います。





・・・・・以上、長々と書きましたが、これらはあくまで個人的な見解です。



でも、特別委員会が開かれれば、それだけ費用弁償も発生します。




私が委員になるかどうかも未定ですが、
意味ある委員会にする責任を議会は負っているのだと強く認識して、
この特別委員会に臨むべきだと考えます。






2020.06.27

こんにちは。

県道和光インター線、外環側道の戸田方面に向かう
東武東上線を潜るアンダーパス部分(=あさか野農協さんのあたり。)があります。


そのアンダーパスに差し掛かり、
下り坂になって間もないところの左側車線の左端あたりに、
アスファルトの陥没が見られました。



画像に含まれている可能性があるもの:空、道路、屋外


(※画像はドライブレコーダーの映像のため画質は良くありません。
 ご了承ください。)





朝霞県土事務所に連絡を入れたところ、
即時に応急的に穴埋めを実施してもらえました。



後日(6月27日(土)予定)に、はがれてこないよう、
きちんと舗装修繕を行なっていただける、とのことです。








2020.06.24


こんにちは。

埼玉県教育局では「県立高校トイレ改修加速化事業」と銘打って、
トイレの洋式化 を進めています。


画像に含まれている可能性があるもの:室内




今でも覚えていますが、県議選の期間中にも市役所の前で
「進学する市内高校のトイレの洋式化をなんとかお願いします!」
ご意見をいただきました。



そこで、市内の和光高校・和光国際高校の2校についての
進捗状況をお知らせします。



<和光高校>



・今年度、「トイレ改修」を行う。
・夏から年度末に掛けて実施。
・校舎の左右にトイレがあるが、そのうちの1系統(縦1列)
・床の乾式化、洋便器化、壁の修繕



<和光国際高校>



・本来は本年度、「外壁工事」「トイレ改修を含む内装工事」
「屋上防水」を行う予定にしていた。

・しかし、新型コロナの影響で夏休みの短縮が予想され、
その状況の中でこれらの工事に取り掛かることは難しいと判断。

・トイレの洋式化だけでも先行して実施しようか、と検討も行われたが、
やはり今年は難しいとの判断。






以上となっています。



コロナの影響で未実施となる和国についても、
なるべく早期に洋式化を実現できるよう、教育局と連絡を密にしたいと思います。





2020.06.18

こんにちは。

今日までは議案調査日でしたが、
明日から5日間の一般質問が始まります。



全体で15名のうち、我が会派からは新人のお二人が登壇します。



私は昨年、議会運営委員会の副委員長だった関係で(※)
去年1年間は登壇しておりません。

早く次の登壇の機会が待ち遠しいです




※※※※※

これは、議事の進行管理(特に再質問の有無の確認)をする係の
議運の正副委員長は、一般質問で登壇すると進行管理が出来ないでしょ、
という慣例から来ています。

昨年はこの慣習を尊重しましたが、1年終えて振り返ってみると、
「別に一般質問はやっても影響はないのでは?」と感じました。

今後、検討しても良い「慣習の見直し」のひとつではないかと思いました。

※※※※※





さて、今日の埼玉新聞には「県議会の会派代表者に聞く」の
インタビュー記事が掲載されました。



画像に含まれている可能性があるもの:8人、武内 政文さんを含む



画像に含まれている可能性があるもの:中野英幸


是非、ご一読いただければと存じます。





また、今定例会では、登壇者の横で手話通訳者が立って、手話で伝えます。



写真の説明はありません。


開会日も手話の様子を見ていましたが、
登壇者の言葉をすぐさま手話で通訳する通訳士の方々のスキルに脱帽です。






 HOME : Next 
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
井上わたる
年齢:
40
性別:
男性
誕生日:
1979/10/01
バーコード
ブログ内検索

井上わたるの和光ブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP