井上わたるの和光ブログ

和光市選出の埼玉県議会議員。埼玉県政や和光市のことをわかりやすく伝えます。

2008.03.27

こんにちは。

今日は、しばらく間が空いてしまった
一般質問の内容の報告をさせていただきます。(3月12日ぶりです。)

『テーマ3 職員提案制度の活用について』 です。

まず はじめに、「職員提案制度」とは・・・
市職員が日常業務を通して得たアイディアから改善提案を募り、
市の政策に生かす・・・という制度です。
(※自分の所属部署じゃないことについての提案もOK!)


この制度は今までなかなか表に出ることはありませんし、
制度のことを知っている市民の方もほとんどいないと思います。


ただ、私はこの制度は“職員のモチベーションアップや多様な政策の実現”のために、
有益な方法だと思ってします。(その理由はのちほど。)


この制度は、20年度(=4月以降)に見直されることになりました。
そこで、私はこの制度について質問を行なうことにしました。


-----------

Q、これまでの応募実績は?
  見直すということは何か現行制度では問題があったということか?

A、1年目は29件、2年目は21件と応募も多かった。
(※3年目の今年は制度見直しの可能性があったため応募少なし)
しかし、最大の課題は、募集した提案で政策に繋がったものがないということです。


Q、政策に繋げるために何か方策はあるのか??

A、今後は提案者と、政策課と、
その提案の中で挙がった関係各課を交える「3者協議」を設置して、
市政への反映ができるよう整備します。

---------

この他に、

● 褒賞の設定の仕方を、
『いい提案があれば、複数受け入れる絶対評価にすること』

●今まで受賞者にもこっそりしか知らされていなかった選考結果を
『市長の表彰を加えるなど、やりがいを引き出す体制にする』 

などの提案を行ないました。

市役所の答弁では、
「まだ検討中だが、こうした点を含んだ制度にしたい」という回答がありました。




また、すぐには実践は難しいという回答でしたが、

『市民を採点者に加えるなど、開かれた職員提案制度にする』
『この制度への取組みを人事評価に加える』

ことについても、提案しました。

今回の見直しでより制度が充実したものになれば、
これらも可能性があると思います。


最後に。

私がこの制度の重要視する理由に触れたいと思います。


私が新卒で入社した「株式会社パソナ」という会社には
この「社員提案制度」がありました。

正しくは、社内ベンチャー制度といいました。

ビジネスモデルを提案して、良い提案であれば、
会社が出資してくれて、「ベンチャー社長」になれるというチャンスがあるのです。

もともと起業志向の強い社員の集まりだった、パソナ社員は
年1回の「社員提案制度」に結構本気で挑んでいました。


・・・市役所ですので、
「良い政策提案したから課長になれる」ってことはないでしょうが(笑)、大切なことは・・・

アイディアが形になること

課題発見の視点を常に持つこと

そして

職員のモチベーションアップ・職場の活性化


に繋がることだと思います。



来年度実施される見直し後の「職員提案制度」を
楽しみにしたいと思います。




  

  BackHOME : Next 
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 12 13 14 15 16
18 20 21 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
井上わたる
年齢:
37
性別:
男性
誕生日:
1979/10/01
バーコード
ブログ内検索

井上わたるの和光ブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP