井上わたるの和光ブログ

和光市選出の埼玉県議会議員。埼玉県政や和光市のことをわかりやすく伝えます。

2008.11.15
こんにちは。

それでは、昨日のつづきです。

新消防署建設の入札について、
どのような質疑があったか、お話しします。

====

Q、市役所は当初、「1億3000万円足りないので、追加の補正予算を組む」と
言っていたが、入札の結果、4億7840万円で落札された。

不足するとみられた1億3000万円は、予定価格の差額の範囲内に収まった。
この状態で追加補正は組むのか?

A、組まずに済みそうです。いっそ減額補正が必要になりました。


<解説>
この点は、やはり確認しなければなりません。
しかし、これで終わりではなく、議会としては


Q、なぜ、市の予想(=6億6660万円)と
実際の落札金額(=4億7840万円)とが、
こんなにも開きがあるのか


Q、資材は、「値上がり」ではなく、「値下がり」していた。
この状況を把握できていなかったのか?(=ちゃんと精査していたのか?)


を確認しなければなりません。



市役所の回答は、

A「物価本」(=鉄材とかコンクリートなどの資材の単価が載っている本)
金額の参考としていた。しかし、実際の市場価格とに開きがあった。

A、「設計」をして、「公告」=入札を募集する)して、
実際に「入札」するまでに、“時差”がある。

その間に、資材の価格が下落してしまったため、
高いと予想していた資材が安くなっていた。   というものです。



致し方ない点もあるかと思いますが、
やはり、価格設定の精度は高めなければなりません。

全員で14名の議員が質問に立ちましたが、
多くの議員がこの視点で質問をしました。



質問の後。


結果として、全会一致で 賛成、可決となりました。

私たちが議会として判断するべきは、貴重な税金を使って行われる
その入札・契約が正当に行われているかどうか、です。

その点において、積算の甘さを質疑で指摘したうえで
私たちは賛成しました。



消防署の建設がこれ以上遅れることなく、
特に工事の中においても適切、安全に工事が進むことを願っています。


  






  BackHOME : Next 
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
井上わたる
年齢:
40
性別:
男性
誕生日:
1979/10/01
バーコード
ブログ内検索

井上わたるの和光ブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP