井上わたるの和光ブログ

和光市選出の埼玉県議会議員。埼玉県政や和光市のことをわかりやすく伝えます。

2008.01.27
こんにちは。

昨日お話した、1月28日(月)の臨時会で議題とされる
「職員給与の引き上げ」に関して、その経緯などをお伝えしたいと思います。


まず、前提から。

民間企業であれば、いい人材を確保するためには、
給与や賞与、手当などを高い水準にして、集めることが出来ます。

もちろん、そのために人件費が高くなって、業績を苦しくしては仕方ないので
会社の業績と相談して・・・のことです。

ところが、公務員(国・地方ともに)の場合、比較となるべきものがありません。


そこで、まず「人事院」というところが、全国の民間企業のうち、
正規従業員50人以上の企業を,
無作為に10200企業、約43万人を抽出して、調査します。

年齢別、職種別、職位別などの、平均的な賃金を算出し、
民間企業の平均水準とするのです。


そして、国家公務員の賃金形態が、この平均水準 と比較して、
高いか? 低いか? 同水準か? を検討するのです。
(この調査は毎年やってます。)


今年、人事院が出してきた主な調査結果
勧告(=こうしていいですよ、こうすべきですよ)は、下記のとおりです。

------------

〇民間賃金との差が、0.35%低くなっている。そこで、その差を埋めるため、
若年層を中心に月額給与のベースアップをしてもいいでしょう。



〇ボーナスが、0.05%差があるので、その分だけ引き上げてもいいでしょう。

-------------

といった内容です。



この勧告を受けて、まず国家公務員が値上げを行ないました。
(⇒昨年秋頃、改正のための法案が出ています。)

その国家公務員の改正を受けて、地方自治体も改正を行うのです。


国は民間に準拠(=習う)し、地方自治体は国に準拠します。


これが、今回、この給与引き上げ提案が提出された経緯です。



【お知らせ】

この「引き上げに関するテーマ」には続きが、まだあります。
また少し時間を空けてアップ致します。
ここまで読んでくださった方、また後ほどご覧いただけると幸いです m(__)m



                                    つづく
  BackHOME : Next 
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
井上わたる
年齢:
40
性別:
男性
誕生日:
1979/10/01
バーコード
ブログ内検索

井上わたるの和光ブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP