井上わたるの和光ブログ

和光市選出の埼玉県議会議員。埼玉県政や和光市のことをわかりやすく伝えます。

2007.12.23
こんばんは。

今日から3連休です。
和光の街も、チキンやケーキが店頭販売されていたり、
 クリスマスモード  一色ですね


さて、12月議会の一般質問のテーマごとの報告を行なっていますが、
気付けば年内もあと1週間。。。

小出しにし過ぎたのか・・・ギリギリ年内に間に合うくらいのペースに
なってまいりました。

クリスマス連休ではありますが、報告をさせていただきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日ご報告するのは、「緑化政策」です。
お相手の部署は、市民環境部です。



Q1、「保全緑地」を平成22年になった時、
平成15年当時より減らさないといっているが、
現時点で達成できているのか?


A1
平成15年    1,548,945㎡
平成19年現在 1,556,139㎡  ⇒7,194㎡増加している。


Q2、では、農地も同じく「削減率を10%に留める」と
しているが、目標は達成できているのか?

A2、既に多くが宅地化され、目標の達成は難しくなっています。


Q3保全緑地だけを切り口にしていては、増加傾向とも取りうる。
より実感に近い、緑被率を用いて、和光の実態を掴んでいるか?
               ※一般的に、
                「樹木や草地、農地や屋上緑化の緑の面積を
                全行政面積で割った比率」

                平成15年当時 25%

A3
調査は行なっておりません。(平成22年に実施を検討していません。)
仮に算出するとしたら、25%よりも大幅に減っている。


【井上の考え】
市街地化が進む和光市では、屋上緑化も
緑化政策のひとつとなり得る、と考えます。そこで、「屋上緑化」に話題を移す。


Q4、和光市の屋上緑化の取り組みは?

A4
しらこ保育園、総合福祉会館、境浄水場、総合体育館で実施。
民間施設では、本田技研工業(和光本社&和光研究所)で実施。

また、現在改築中の新倉小学校の一部にも導入予定。


   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


上記の確認の上で、私は次の点を指摘・提案させていただきました。

〇導入後の管理、指導に市も一定の責任を持つこと。
〇経費上の面を配慮し、推進を行うこと。
〇渋谷区などの先進例を参考に、「条例」「補助制度」などを整えること。
〇学校等に導入する場合、教材として、有効活用すること


また、先進的な取り組みをしている渋谷区とは、
来年6月の地下鉄「副都心線延線」で繋がるので、
屋上緑化をテーマにした自治体交流も提案させていただきました。


このテーマについては、以上です。





  BackHOME : Next 
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
2
3 4 5 6 7 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
井上わたる
年齢:
38
性別:
男性
誕生日:
1979/10/01
バーコード
ブログ内検索

井上わたるの和光ブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP