井上わたるの和光ブログ

和光市選出の埼玉県議会議員。埼玉県政や和光市のことをわかりやすく伝えます。

2007.12.24
こんにちは。


今日はクリスマスイブです。
(なので、このブログも今日は絵文字多用で華やかにしてみます。)

私は、昨年までは介護施設 (=特別養護老人ホームや有料老人ホーム) を回って
そこで働く介護ヘルパーさんや看護師を派遣する仕事をしていました。

こうした高齢者施設は、季節ごとのイベントや飾り付けが盛んで、
この時期、営業で回っていると、ツリーが飾られていたり、とても華やかなのです。

今、思いだしても、とても季節感を感じられる仕事だったと思っています


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、それでは、今日は一般質問で取り上げた
「自転車利用について」をご報告したいと思います。


このテーマを取り挙げるきっかけになったのは、
11月10日(土)に開催した「会派タウンミーティング」です。

参加者の方から、
「今度、道路交通法が改正されて、自転車は車道通行になるって聞いたわ。
でも、危ないし、大丈夫なのかしら???」
というお話が出ました。

このことと、他の自転車に関わる政策を一緒に取り上げようと考え、
今回のテーマにしました。


ちなみに、改正では、“原則車道”という方針が示されましたが、
・道が狭い場合
・大型車の通行が多い場合
・幼児、高齢者が運転する場合

などは、歩道通行が認められる、ということになっています。

※和光市の場合、ほとんどの道路がこれらのケースに当たると思われます。
そのため、この改正での実質的な影響はほとんどないと考えられます。


Q1、「道路交通法の改正」を受けて、安全対策をどう進めるか?

A1、警察との協議し、安全最優先で広報・啓発を行う。


Q2、北口整備で、歩行者・自転車・そして自動車の分離が
採り入れられた道路設計はできないか?

A2、完全な分離は難しい状態です。
しかし、駅につながる幹線道路は、道幅を大きく確保し、歩道も
自転車・歩行者が少しでも通行しやすい環境にしたいと思います。
北口幹線道路については、4m幅員を計画しております。


Q3、「無灯火自転車」への安全対策はとれないか

※駅前通りで、15分間の定置調査を行ってみたところ、
64台中 12台が無灯火運転でした。


A3、朝霞警察との連携し、指導・啓発活動を行う。



Q4、和光市駅前の放置自転車対策、どう進める

A4、ポールの設置で対応したが、今度は駅構内にまで
自転車が入ってくる結果になった。(特に土日は多い。)
再度、鉄道事業者と協議して、対策を強化したいと思います。



Q5、放置自転車を減らすためにも、地下駐輪場を
もっと使いやすくすべきではないか?
例:イトーヨーカドーの3時間無料⇒その後、加算式
例:電動機付き自転車やチャイルドシート対応の置き場の拡張など

A5、まずは、稼働率が、一時利用・定期ともに70%台なので、
利用促進も含めて、広報していきます。
また、設備については、今後の修繕計画にも活かしていきたいと思います。



Q6、司法研修所前バス停の、多数の無断駐輪を把握しているか?
なにか対策は取れないか?

A6、把握しています。平均30台程度。
この場所は、小学校の通学路にもなっているので、安全対策や
啓発活動を行ない、対策を取ってまいります。


【井上の考え】
ただ「規制」をするのではなく、私はこれを逆手にとって、
この場所を、公式な自転車からバスへの乗り継ぎスポットとして整備して、
「サイクル&バスライド」を導入してはどうか、と提案させていただきました。
    ↓
  駅中心部に乗り入れる自転車を減らすことにも繋がります。



Q7、撤去自転車(年間340台近く)を有効活用し、
フリーサイクルを取り入れられ
ないか?
目的:
①放置自転車の再利用
②転入・転出の多い和光市の特徴から、個人所有自転車を減らす。
③樹林公園や新倉ふるさと民家園の市外からの観光用に使えないか?


A7、他の先進自治体の取り組みを参考にして、研究します。



<おわりに。>
絵文字多用しようとおもったんですが、大して使えませんでした
それでは、、皆さま、よいクリスマスをお過ごしください。
※明日の更新は控えさせていただきます。


 
  BackHOME : Next 
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 12 13 14 15 16
18 20 21 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
井上わたる
年齢:
37
性別:
男性
誕生日:
1979/10/01
バーコード
ブログ内検索

井上わたるの和光ブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP