井上わたるの和光ブログ

和光市選出の埼玉県議会議員。埼玉県政や和光市のことをわかりやすく伝えます。

2007.08.25

こんばんは。
(0時を回ってしまいました。日付が変わっております。)

さて、唐突なタイトルですが、私が皆さまへ呼びかけたいのは、
「夜間の自転車運転の際は、ライトを点灯させましょう!!」ということです。


先日、地下駐輪場から上がってくると、遠くで警察官がなにやら
検問・・・のようなことをしていました。

「なんだろう?」・・・そう思って、ゆっくり自転車をこいで近寄ると、
「はい、そこ止まってください!」と呼び止められました。

「え、なにがあったんだろう?」と思っていると、
「自転車のライトをつけるよう呼びかけをしているんです!!」とのことでした。
(私も声を掛けられてしまいました。。。)


最近、自転車のライトを付けていなかったことが原因の事故が
多いため、警察も取り締まりと呼びかけを行なっているということでした。

※関連記事はこちら。
http://mytown.asahi.com/saitama/news.php?k_id=11000220707050001


埼玉県は、06年の自転車事故死数の第1位。

埼玉は住宅地も多く、平地も多いため、自転車利用者が多いという下地はあるにせよ、
この第1位は早期に返上したいものです。

では、どうしたら、夜間無灯火がなくなるでしょうか?

無灯火運転禁止条例をつくる。
⇒取締りの体制が作れていないと、絵に描いたもちですね。

暗くなったら自動的に点灯するライトを標準装備。

⇒自動車にエアバックが標準装備されていったように、
安全のために、自転車にも「パッとライト(=暗くなったら自動点灯)
標準装備されるようになると良いと考えています。

ひとりひとりの意識向上。

⇒最終的には、この意識改革が一番大切です。


今、和光で①のような条例を定める予定はありません。
(※法的に自転車も「車輛」なので、点灯が義務づけられています。)

また、②のように全ての自転車にパッとライトを標準装備させるのは
難しいです。
(料金的には、通常の自転車10,000円に対して、パッとライト付は15,000円位でしょうか。)

ですので、やはり大切なのは③のように、ひとりひとりが意識を持つことです。


改めてお願いです。 「夜間の自転車運転の際は、ライトを点灯させましょう!!」

自転車漕ぐのがちょっと重いですが、自分と周りの人の安全のためです。
よろしくお願いします。







  BackHOME : Next 
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 8
10 12 13 15
16 17 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
井上わたる
年齢:
38
性別:
男性
誕生日:
1979/10/01
バーコード
ブログ内検索

井上わたるの和光ブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP