井上わたるの和光ブログ

和光市選出の埼玉県議会議員。埼玉県政や和光市のことをわかりやすく伝えます。

2007.06.14

こんばんは。

本日は6月定例会 第4日目
「市政に対する一般質問」です。


   「議案」は行政側(=市役所)から提示されたものを
   我々議員が調査・検討します。

   これに対して、「一般質問」は、
   議員一人一人が常日頃から
    ・問題意識をもっていること
    ・市民の方から相談を受けたこと などを取りあげ、 
   行政側と一問一答形式でやり取りをすることを言います。


私にとって、初の一般質問。
とても緊張しました。

本日の一般質問は、
●並木修二 議員
●須貝郁子 議員
●野口保 議員
●村田富士子 議員
そして、井上の順番です。

私が取り上げたテーマは、次の内容です。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

Ⅰ、市民の政治への関心について
 第16回和光市議会一般選挙 投票率 43.49%
 ①新たに住民が増える和光市での「選挙」や
  「市民参加」の推進について
 ②投票率向上のための取り組み
 ③「開票速報」
  (アクセス集中時の今後の対応について)

Ⅱ、防災
 ① 防災倉庫の数・内容の充実
 ② 外国人に対する災害情報提供について


Ⅲ、和光市駅駅前環境整備
 ① 駅前広場 タイル剥がれ
   ⇒素材の変更、搬入トラックの規制など
    根本的解決が図れるか
 ② 路上喫煙禁止条例の評価について
   ⇒灰皿設置に関する見解を問う
 ③ 放置自転車管理について
   ⇒東武用地内の取り扱いについて
 ④ 駅前広場用地の管理条例の進捗・在り方について


Ⅳ、高齢者対策
 ① 住環境支援
   ⇒高齢者の住み替え支援策(例:階下住み替え等)
 ② 高齢者二人暮し世帯への緊急時の支援
 ③ 介護予防の更なる充実に向けて

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


・・・詳細に関しては、明日以降、ご報告いたします。

今回、各議員の持ち時間は「30分」。
これは、自分が話す時間が30分ということなので、
執行部(=市役所職員)が話している時間は含みません。

だから、例えば、議員が
「この制度をもっと市民の要望のように変えられませんか?」
という質問を1分間掛けて行なったとします。

これに対して、行政側が
「それはですね・・・○○制度とうんたらかんたら・・・・」と
3分間掛けて回答があったとします。

この場合、あくまでも私が使った時間は1分間です。
そのため、30分間といっても、
実質議員1人あたり、1時間~1時間半くらいの時間を要します。

私は、上記のテーマを、まず壇上で17分間、話しました。
そこで発言した質問に対し、執行部から回答があり、
さらに、残りの13分間を使って、質疑のやりとりを行ないました。

はじめてでしたが、時間は足りないくらいでした。

今後は、時間配分や資料提示の仕方など、
学ぶことはたくさんありますが、ひとまず、私の初一般質問が終わり、
少しホッとしています。

  BackHOME : Next 
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 12 13 14 15 16
18 20 21 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
井上わたる
年齢:
37
性別:
男性
誕生日:
1979/10/01
バーコード
ブログ内検索

井上わたるの和光ブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP