井上わたるの和光ブログ

和光市選出の埼玉県議会議員。埼玉県政や和光市のことをわかりやすく伝えます。

2010.12.31
こんにちは。

本日は、2010年の大晦日。
今年も今日で最後の1日です。

先日、TV番組に出演した女優の真矢みき さんが
自身のモットーを
「石の上にも三年 プラス1年」とお話しされていました。


この言葉、私にとっても、特別な意味を持つ言葉です。

今年は任期の最終年です。

その中で、

・第5回 マニフェスト大賞「優秀コミュニケーション賞」受賞
・若手政治家養成塾
・書籍、雑誌etcへの掲載

などのように、これまでの3年間の活動を
この1年間で、
評価 & 自身で振り返る & 後世に伝える、という
貴重な機会を与えていただきました。


また、議会でも

・議会基本条例
・第4次総合振興計画 基本構想

に積極的に関わることができました。

いずれ後世へと脈々と引き継がれていく和光市議会に、
こうしてカタチを残すことに大きく関われたのを嬉しく思います。


これらは、最初の3年間の活動の積み重ねがあって、
その上での、今年、巡ってきた出来事だと思います。

(※特に、議会での取組は議会全体が行なってきた
積み重ねの結果だと思います。)




さて。

標題に書いた、国民健康保険の件は、
傍聴を通して感じたことを書きたいと思います。


●市民への影響の大きさを測るのは、人数か?金額か?

委員会では、
「下水道料金の値上げでは、説明会をやって、
影響が大きい国保では説明会をしなかったのか?」という
意見がありました。

この時の “影響が大きい” について
他の議員さんの意見を聞いて、少し考えさせられました。


人数で言えば、下水道利用者は市民の95%近くです。
一方で、国保の加入者は市民の約3分の1(=約30%)です。

だから、影響の大きさを「人数」で測れば、下水道の方が
大きくなります。

しかし、1人当たりの増加額(=「金額」)でみれば、
国保の件の方が影響が大きくなります。


私としては、どっちの物差しも大事であると思います。

だから、単純に比較して
「下水道より、国保の方が影響が大きいから
国保でも説明会をやるべき」という論法は
難しいでは・・・、と思います。

※もちろん、これは国保法で定める
国保運営協議会がキチンと開催されていることが前提です。


●議会で一度決まったことは覆らない。 

確かにその通りです。
でも、今回のように、事実と議会側の解釈に
食い違いがあったような場合は考えさせられます。

なんとか委員会(※もしくは議会全体として)として、軌道修正を図る
ことをしていきたい、と思います。


●議会としては、「継続審査」とした理由の説明ができない。

今回の結論は予算編成にも影響の出る大きな結論でした。
でも、それが報告されるのは、最短で2月号の議会だより。

ホームページでも「採決結果」は出せても、
なぜ、継続としたか? そして、その詳しい理由までは出ません。

委員会の議事録が出るのはずっともっと先です・・・(-_-;)

議会は、伝える方法すら有していない、ということになります。


やはり、本会議だけでなく、委員会を含めた
ネット中継などの整備をする必要があると感じました。


●「子供にツケを回さない」、そのための決断とは。

国保以外の
組合保険加入者は毎年、医療費の推移などに合わせて
必要に応じて、値上げしています。

こうした現状がある中で、
国保加入者の保険税で足りない部分を、市民全体から集めた税金で
補てんし続けることは、
本来、別のこと=将来への投資にも使うことも可能な税金を
使っている
、ことにもなります。


「子供にツケを回さない」という視点に立った時、
普通は、増税することをNGとするのですが、
今回のようなケースでは、保険税を見直さず、
一般会計からの繰り入れを継続して増加し続けることのほうが
逆に、「ツケを回す」ことに成りかねない・・・と考えています。


以上、今回の傍聴を通して思ったことを書きました。



これで、今年のブログはラストです。



今年1年間は、政治や議会や議員のあり方を
常に考えさせられながらの1年間でした。


石の上にも三年 プラス1年。

その「プラス1年」も残すところ、あと3ヶ月です。


これから先の3カ月間を常にクライマックス!で
走りぬけられるように自分自身に発破を掛け、
今年の記事を閉じさせていただきます。


2010年12月31日
和光市議会議員 井上 わたる
 

 


  BackHOME : Next 
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
井上わたる
年齢:
40
性別:
男性
誕生日:
1979/10/01
バーコード
ブログ内検索

井上わたるの和光ブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP