井上わたるの和光ブログ

和光市選出の埼玉県議会議員。埼玉県政や和光市のことをわかりやすく伝えます。

2010.11.30
こんにちは。

今回の臨時議会は、本当に
「議員とは?議員活動とは?議員報酬とは?」を
考える機会になりました。

議会改革の先進例の会津若松市では、
『議会制度検討委員会』をつくっています。

「適切な議員数とは?議員活動とはどこまでの範囲か?
そして、それらに支払われる議員報酬とはいくらが適正か?」

を市民と一緒に考える、画期的な取組があるのです。

いいですね、こういう取組み(^_^)


和光市には、そうした場がないので
「何を基準に判断していくか?」 
が大事になります。


私はそれは
昨日、御説明した「特別職報酬審議会」だと思っています。


 
今回の臨時議会は・・・私の経験不足を反省すると共に、
それでも “議論の場” に “議論の種を投じる”こと
意味もまた、再認識しました。



今回、松本市長が報酬審議会で出された
①月額1万円削減すべし  
②期末手当カットすべし


という2つの答申のうち、

②は議案に盛り込み、
①は盛り込ない、という条例を出してきました。

そこには、
「報酬の在り方は議会で決めたら?」という
市長の考え
があります。


全国では、こうした報酬の案件を議会(ないし議員)が提出している、
ということは多く、私もそれがあるべき姿と考えています。


議論は
「報酬審議会の答申通りに、
①の1万円削減を盛り込まなかったのか?」という点に
集中しました。

市長側の答えた理由は、主に3つ。

[1]  次回、市議選で定数が削減され、議会の総額が減る。

[2]  議会基本条例で「議会の報酬は議会で考える」旨が、
今まで以上に積極的に謳われている。

[3]  報酬審議会の結果が出てから、
議会として話し合う時間がなかったと聞いているから、

です。


私は、昨年の報酬審議会は傍聴したし、
今年の報酬審議会の議事録も全部読みました。

その結果、私は
市長の出した「月額報酬の1万円削減は見送る」というのではなく、
議員として、もう1歩踏み込むべき!
(=報酬審議会の結論に合わせ、1万円減額すべき)と考えていました。


その考えを実現するためには、
修正案の提案を求める動議を出す必要があるのです。

 
その動議に関する手筈は、事務局には
散々相談していました。

ただ、私自身、市長の答弁を聞いてから、
最終的に修正を行うかどうかの決断を出そう・・・と思っていました。

だから、
当日傍聴に来ていた方にはわかると思いますが、
議場でもギリギリのギリまで 「どうする?どうする?!」
本気で悩んでました。


悩みに悩んだ結果、

「議長!修正案の動議を提案したいと思います。」

と述べ、
うちの会派+αの賛同を得て、議会をいったん休憩しました。


 
長い時間、休憩していました。


その間、動議を求めた理由を
他の議員さんに説明して回りました。


反応はまちまちです。

「議会として、市民の声=報酬審議会の結果に合わせるべきだ」
という賛同をいただけたり、私もテンパってたので
ハッキリと覚えていないんですが、
「事前に相談がない!」という御意見もいただいたような気もします。


 
でも、ひとつ言えるのは、
問題意識を持っているのは
私たち会派だけではない・・・ということがわかりました。


市長や市職員が減らしていることが決まっている中で
議会だけが、(仮に総額で定数削減で減るとしても)
そのまま・・・ってワケには行きません。


ただし、今この場で結論を出すのではなく、
議会として向き合おう、という意見が多く上がりました。



それならば、
今後、共有の認識で、検討が進むのならば、
それが最良
だという考え、
今回は動議を取り下げました。

議論するために、修正案という検討材料を示し、
そこで、それについて議論すればいいのでは?とも思います。

それこそが、
議論する場=議場なのでは・・・? 、と。


その場で修正案の可決・・・ということには
なっていませんが、せめて
“議論の場” に “議論の種を投じる”ことには
なったと思います。

 
・・・とはいえ、
市長側も「議会での検討が進まないなら、
再度執行部側から議案を出す可能性もあるよ」
と答弁していたので、
のんびりじっくり審議ってワケにはいかな、と思います。
 

これから議会全体で、向き合っていきます。  
 
 




さて。

あとは、私自身が報酬についてどう思っているかを
今度、どこかのタイミングでお話したいと思います。





  BackHOME : Next 
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
井上わたる
年齢:
40
性別:
男性
誕生日:
1979/10/01
バーコード
ブログ内検索

井上わたるの和光ブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP