井上わたるの和光ブログ

和光市選出の埼玉県議会議員。埼玉県政や和光市のことをわかりやすく伝えます。

2007.12.04
こんにちは。

12月議会では、「緑化政策」 というテーマで
屋上緑化 を取り上げることにしています。

和光市での取り組みとして、いちばん代表的なものが
樹林公園内にある「総合体育館」です。

ここには、屋上緑化+壁面緑化が取り入れられています。





総合体育館の完成イメージイラストでは、中央に写っているガラス面を除き、
その上の壁面はすべて緑に生い茂る予定となっています。

※この写真は本日撮影したものですが、
まだそのイメージには達していません。


施設の許可をいただき、壁面の近くへあがらせていただきました。




ガラス越しに写した写真です。

私も近くで見るのは初めてでしたが、
こうして無数のプランターが設置されています。

植えられているのは「ヘデラ」「アイビー」と呼ばれるツタの一種です。





この写真は、壁面でなく、屋上緑化部分に植えられている「ヘデラ」です。
まったく同じ種類なのに、伸び方や色も違いますね。

やはりプランターだと栄養の面で、どうしても足りなくなるのかもしれません。。。


あとは日当たりも大きく関係していると思います。

屋上緑化部分は主に「芝生」になっていますが、
南側の日がよく当たる部分と、北側では、芝生の成長が違っていました。

歩いた時の「ふかふか感」が違うのです。





あと、今回訪問させていただいて一番把握しておきたかったのは、
その「管理体制」です。

総合体育館に関しては、ほぼ全自動で管理されています。

壁面緑化のほうは、ホースを通して水が流れ、
屋上緑化のほうは、地面に水が浸み出すような仕組みになっているということでした。


私も今回の議会では、
「〇〇施設に屋上緑化してください」という提案をするつもりはありません。

今後、こうした取り組みを進めるならば、どういう制度や補助を
市として行えるかをテーマにしたいと思っています。


屋上緑化は、二酸化炭素吸収=温暖化対策として
それを実施するだけでも意味はあるのですが、
それに加えて、

・実際に屋上に出て、緑に触れ合える。  もしくは
・上(高層階など)から眺めた時に、緑の屋上を見ることができる

といったことにつながるべきだと思っています。

総合体育館に関しては、安全性の問題や
樹林公園のど真ん中という場所柄、上記の働きはしていませんが、
今後の屋上緑化の先駆けとして、
さらに綺麗に体育館を彩ってくれることを願っています。
  


 




  BackHOME : Next 
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
井上わたる
年齢:
40
性別:
男性
誕生日:
1979/10/01
バーコード
ブログ内検索

井上わたるの和光ブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP