井上わたるの和光ブログ

和光市選出の埼玉県議会議員。埼玉県政や和光市のことをわかりやすく伝えます。

2015.03.11
こんにちは。

今日は県庁で予算特別委員会開催のため(委員ではありませんが)
議会へ登庁しました。

会派で新年度予算に対して討論作成などに取り組んでいます。


そして、今日は4年前に東日本大震災が発生した日です。
あの時も、役所=市役所にいました。

早めに終わった一般質問の日で、控室に戻る途中での揺れでした。

あの感覚は生涯忘れないし、
事実20年前経った阪神大震災の揺れも今も覚えています。


「人の命と暮らしを守るため

に政治はある」



その原点を決して忘れずに日々を過ごしたいと思います。





そして、本日14時46分、黙祷を捧げました。



この4年間、県議として災害から県民の命を守ることを
最優先に活動してきたつもりです。


災害対策の専門委員会にも所属し、
一般質問では和光市の重要な課題となる
帰宅困難者対策や広域災害対応等に力を注いでまいりました。

(写真は一般質問の様子が取り上げられたテレ玉の映像です。)









そして、このブログに綴った私の政治信条
「人の暮らしと命を守る」ために必要なのは災害対策だけではありません。



教育、子育て、医療、福祉、経済、雇用、
基盤整備、自然環境、エネルギー問題etc



これらはいずれも県政に密接に関わっています。


私はこれら全ての課題に県政の立場から全力で取り組んできました。



震災の日の決意として、
改めてこれからも


埼玉・和光のために出来る全てのことに

真摯に取り組んでまいります。






2015.03.02
こんにちは。


明日の朝刊に

【配るホームページ第52号】(=最新号)

の折込を行い
ます。


今回の特集は
「県議会の無所属議員の割合は?」
警察危機管理防災委員としての実績」などです。


特に、新年度から動
き出す朝霞警察署の建替についてもご報告します!

今年、私は常任委員会を「警察危機管理防災常任委員会」に志願して
所属しましたが、その目的のひとつがこの建替を実現することでした。


なお、建設予定地となっているのは、(旧)税務大学校の敷地です。
現在地よりも建替予定地は和光市から近くなることになります。

しかも車で行くなら、国道254号線(川越街道)を走って
左折で入ることができます。

そして、立地だけでなく、
機能面でも市民がより利用しやすい警察施設にしていきたいと思います。



それでは、皆さま、是非ご一読ください。

2015.03.01
こんにちは。

3月に向けて、気候も徐々に温かくなってきた気がします。

さて、県議会は先週、代表質問と2日間の一般質問を終えました。

一般質問最終日、「自民党県議団」と「民主党・無所属の会」の
両会派から「埼玉県薬物の濫用の防止に関する条例」が議員提案されました。


被害が深刻化している危険ドラッグの状況を踏まえ、
そして、こうした乱用防止条例がないエリア=規制が弱い県が
これらの薬物のターゲットになる、ということもあり、
早期の制定を進めてきたものです。

我が会派「刷新の会」では、実効性や行政実務の関係を考え、
所属の藤澤議員を先頭に、県として制定するように強く求めてきました。


結果として、執行部提案ではなく
議会の中の2つの会派から、少しずつ特色の異なる
条例が提出される、という流れになりました。

私たちは、いずれの条例案についても
提出者には加わっていませんので、まずはそれぞれの議案に公平な立場で
審議を行なっています。

先日の提出者に対する質疑では、私が会派を代表して
それぞれの会派に質疑を行いました。(※既にネットで配信されています。)



当日の朝、議案が配られ、質問の有無や内容を考えるのは
わずか1時間余りです。

その時間で、両議案を対比し、それぞれの特徴を読み込みながらの
質問作成作業でした。

私もこれまで、他県(和歌山県など)の先進例などを調査していたので
その調査も踏まえ、質疑を行いました。





今後、福祉保健医療委員会に付託されたのち、
改めて本会議で採決を行われる予定です。






2015.02.25
こんにちは。

今週は県議会では、代表質問と一般質問が行われています。

普段よりも一般質問は期間が短く、2日間のみです。
(普段は5日間ある。)

執行部の答弁は、新年度事業を交えての回答になることが多いため
この先の予算審議にも大いに参考になっています。


さて、少し話は変わりますが、2月23日(月)には
嬉しい新聞記事が二つ載りました。


ひとつは、このブログでも紹介しましたが、
県議の同志であった中原恵人さんが吉川市長に当選しました。

まさに「市民の勝利」と言える勝利でした。
前回よりも投票率が約10%も上昇しました。

街を変えたい!と願い人が多ければ
選挙も政治も変革が起きる、ということを吉川の皆さまに
見せてもらった気がします。


年齢は44歳。県内に若手市長が誕生しました。


和光市にもまちづくりの参考に来られたこともあります。

今後も連携して埼玉を盛り上げていきたいです。






そして、もうひとつは
和光市駅 東武側ホームにホームドア設置」の記事です。





国、県、市が補助金を出す形で、東武の事業を後押しします。


県、そして市長さん、市役所、市議会の議員さんの活動や
何よりも多くの市民の要望が実を結びました。

私も市議時代から県議へと続く長年のテーマでした。

県議としては、「東武東上線利便性向上議員連盟」の活動や
毎年の「予算要望」などを通して実現を働きかけてきました。

こうして紙面に載ることでその実現を噛みしめたところです。

2015年度中の完成を予定しています。




2015.02.22

こんにちは。



この週末は「少年スポーツ」が盛んな週末でした。

昨日の土曜日は「スポーツ少年団 卒団式
そして、併せて「40周年記念式典」が開催されました。




こちらは式典前の「和光太鼓」の演奏です。



式典では、祝辞の機会をいただきましたので
記念誌発行の際に寄せたメッセージを話させていただきました。

下記にご紹介いたします。

=====

この度、和光市スポーツ少年団が創立40周年を迎えられたこと、心よりお慶び申し上げます。
節目の年にあたり指導者ならびに保護者の皆様のご尽力に心から敬意と感謝を申し上げます。
 児童の運動不足が懸念される昨今、貴団のスポーツ振興への取組は益々重要な役割を果たしており、子供たちの健全な成長や人間関係を築き上げる上でも、仲間と共にスポーツに打ち込むことは大変有意義であると感じております。

自身を顧みても、和光市に移り住んだ時には子供の頃から続けていたスポーツが和光との縁を繋ぐキッカケとなりました。幼少期のスポーツ経験はまさに人生の財産になります。加えて甚だ私事ですが、昨冬、第一子が誕生致しました。気が早いかもしれませんが皆様をお手本に我が子にもいつの日かスポーツを身近に感じられる機会を与えていけたらと考えております。

結びに、貴団の今後益々のご発展と更なる飛躍を祈念して私のお祝いの言葉と致します。

=====


そして、今日は総合体育館で「ミニバス卒団ファイナル大会」と
「ジュニアスキーの説明会」が開催されました。







今回の2月定例会の「人材育成・スポーツ・文化振興特別委員会」では
スポーツをテーマに審議する予定と思われます。

あらゆる世代がスポーツを身近に感じられる環境づくりを
これまで以上に進めていきたいと思います。






  BackHOME : Next 
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 3 4 5 6
8 10 11 13 14
15 16 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
井上わたる
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1979/10/01
バーコード
ブログ内検索

井上わたるの和光ブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP