井上わたるの和光ブログ

和光市選出の埼玉県議会議員。埼玉県政や和光市のことをわかりやすく伝えます。

2008.01.27
こんにちは。

昨日お話した、1月28日(月)の臨時会で議題とされる
「職員給与の引き上げ」に関して、その経緯などをお伝えしたいと思います。


まず、前提から。

民間企業であれば、いい人材を確保するためには、
給与や賞与、手当などを高い水準にして、集めることが出来ます。

もちろん、そのために人件費が高くなって、業績を苦しくしては仕方ないので
会社の業績と相談して・・・のことです。

ところが、公務員(国・地方ともに)の場合、比較となるべきものがありません。


そこで、まず「人事院」というところが、全国の民間企業のうち、
正規従業員50人以上の企業を,
無作為に10200企業、約43万人を抽出して、調査します。

年齢別、職種別、職位別などの、平均的な賃金を算出し、
民間企業の平均水準とするのです。


そして、国家公務員の賃金形態が、この平均水準 と比較して、
高いか? 低いか? 同水準か? を検討するのです。
(この調査は毎年やってます。)


今年、人事院が出してきた主な調査結果
勧告(=こうしていいですよ、こうすべきですよ)は、下記のとおりです。

------------

〇民間賃金との差が、0.35%低くなっている。そこで、その差を埋めるため、
若年層を中心に月額給与のベースアップをしてもいいでしょう。



〇ボーナスが、0.05%差があるので、その分だけ引き上げてもいいでしょう。

-------------

といった内容です。



この勧告を受けて、まず国家公務員が値上げを行ないました。
(⇒昨年秋頃、改正のための法案が出ています。)

その国家公務員の改正を受けて、地方自治体も改正を行うのです。


国は民間に準拠(=習う)し、地方自治体は国に準拠します。


これが、今回、この給与引き上げ提案が提出された経緯です。



【お知らせ】

この「引き上げに関するテーマ」には続きが、まだあります。
また少し時間を空けてアップ致します。
ここまで読んでくださった方、また後ほどご覧いただけると幸いです m(__)m



                                    つづく
2008.01.26
こんばんは。

さて、標題に書きましたが、来週の月曜日(1月28日)に
臨時議会 が開催されます。 (朝9時~)


「臨時議会」は、6月、9月、12月、3月の定例会以外に
議題が発生した場合に、臨時的に召集される議会のことです。

私が議員になってからは、議長や副議長を決めるために
開かれた臨時議会を経験しています。


今回の議題は2つ。

「職員の給与に関する条例   及び 
       和光市一般職の任期付き職員の採用等に関する条例
  の
  一部を改正する条例を定めることについて

② 「平成19年度埼玉県和光市一般会計補正予算」

です。


これだけでは、何がなんやらわかりませんが、
この2つは密接に関わっていて、簡単にお話しすると、

①が、公務員の給料を値上げすることを認める条例
②は、その条例が通ることにより、職員給料が変更するので、
それを修正する補正予算 
です。


ここまでご覧になった方は、
「えっ!?  市職員の値上げ??」と思った方もいらっしゃると思います。 
・・・正直、私もそう思いました。


議案が提出される時には、『提案理由』というのが併せて記されています。

そこには、

「職員の給料、扶養手当及び勤勉手当の額などを変更したいので
(・・・中略)この案を提出するものである。」


と書いてあります。 これでもわかりません・・・(^_^;)


そのため、今回の議案のもつ意味や経緯、
その他、他の自治体の状況などを調べました。

すると、ただ単に市役所の都合で上げようというものではなく、
「国との関係」など、地方公務員の給与に関する様々な事柄が見えてきます。


本当は今日のブログですべてお伝えするつもりでしたが、
ここまで来るのに、既に長~くなっています。

明日の昼間には、続きをアップしますので、
私が月曜の議会に臨む前に、是非皆さまにも、この市職員給与に関して
状況を把握していただきたいと思います。
  

                                   つづく





2007.08.03
こんばんは。

本日は朝9時から「全員協議会」に出席してまいりました。

全員協議会・・・
正式な議会を開催する前に、事前説明の趣旨で開催される
説明会 兼 質問会のこと。
ちなみに、「全員」と言いながら、欠席している議員もいました。。。


内容は、その議題が正式な議案として上がってきた時に 
改めてご報告いたします。

その全員協議会が、丸々午前中。
午後は、県庁近くの埼玉会館にて、若手の議員さんの集いに
参加してまいりました。

・・・それにしても、今日は暑い1日でした。
皆さまも熱中症・日射病にはお気をつけください。
2007.05.16
皆さま、こんばんは。

本日(5月16日〔水〕)は、
午前9時より 『第1回臨時会』 が開催されました。

これまで、新人議員研修や全員協議会(=事前打ち合わせの場)は
ありましたが、議場での議会は本日が“初”でした。

少し長くなることは承知で、
本日の臨時会で、経験したこと・感じたことをドキュメント形式
ご報告させていただきます。
お時間ある方は、是非最後までご覧ください。

そして、お時間の無い方もいるでしょうから、
次の点だけ、先にご報告させていただきます。


○私、井上わたるの議席番号は「11番」となりました。
※前列から2番目の中央寄りです。

○私、井上わたるは、
・須貝郁子議員(無所属)
・松本武洋議員(無所属)
・西川政晴議員(無所属)  以上3名と共に、
会派 「新しい風」を立ち上げ、今後の議員活動をしてまいります。

○私、井上わたるは、
 文教厚生常任委員会に入ることになりました。
※高齢者政策や教育・保育などに積極的に提言してまいります。


皆さまの引き続きのご指導、ご鞭撻をよろしくお願い致します。


                      2007年5月16日
                      和光市議会議員 井上わたる


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※お時間ある方は、この先も是非ご覧ください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


それでは、【ドキュメント形式】で本日の臨時会の様子を
お伝えします。


9:00  開会

私は30分以上前に議会棟に着きました。
・・・が、誰もいないので、一度議員控え室に戻りました。

時間が近づくと、「集まってください」と、議会事務局が
丁寧に館内放送で流してくれるようです。


そして、開会。
この時点で、まだ議長は決まっていません。

この場合、議員の中の年長者が議長代理
務めることになります。(和光では山本軍四郎議員です。)


議長代理の進行のもと、「議長選挙」が行なわれます。
「議長とする者の名前を書いてください。」と言われます。

投票の結果、17票を集めた、菅原議員が議長となりました。

先日開催された全員協議会(=事前打ち合わせ)の場で、
・菅原満議員(民主党)
・佐久間美代子議員(共産党)
の二人に議長への意思があることは知っていました。

しかし、議事進行の中では、
「誰が(立候補の意思を)表明している」といった発言がないため、
例えば、傍聴に来ていた方や議事録で見た方は
なぜ、投票が集中したかはわからないと思います。


続いて、行なわれるのは、「副議長選挙」です。

こちらも議長選と同じで、全員協議会で意思を表明していた
山口慶子議員(公明党)が18票の信任を得て、選出されました。

この時点で、9:30。 一度休憩を挟みます。


さて、ここから先は、『議案』の審議となります。
最初に、行なわれるのは「監査委員」の選出です。


菅原議長が、議事進行を進めるのとほぼ同時に
議員がスッと1名退場します。
(とても慣れている、絶妙のタイミングでした。)

その1名こそが、その監査委員に名前の挙がっている
田中貴和子議員(無所属)です。

我々は「賛成」か「反対」を投票します。

そのため、
・例えば「田中」と書くのは、無効となり反対票になります。
・「田中 賛成」←のように書き直した場合も、他事記載で無効だそうです。

いくつかの無効票もありましたが、12票で「選任」されました。


その後は、
・固定資産評価審査委員会委員の選任
・固定資産評価員              
を議案通りに「選任」されました。


そして、その次に、4つの「専決処分」に関して
質疑が行なわれます。

「専決処分」とは・・・
議会を召集する時間が無い場合など、市長に決定権限を認めるもので、
議会へは(今回のように)事後の報告・承認を得る、というものです。


この専決処分議案に対しては、
共産党の方が、片っ端から質疑をぶつけていました。

しかし、私が「さすが先輩議員。」と感じたことがありました。

山本軍四郎議員の
「専決処分そのものを減らす努力をしているのか!?」いう指摘です。

私も生意気ながら同感です。
可能な限り市長権限ではなく、議会に諮るべきだと思います。

また、松本武洋議員はさらに他市の状況も調べており、
鳥取県では、専決処分を減らすために、
国会で法案段階でも、県の議会レベルで議論を行なう、という
先駆的な取り組みを調査してきていました。


このようなやり取りを経て、4つの議案は最終的に
賛成多数で「賛成」となりました。


終了時刻は11時10分でした。


そして、今日の議会終了後は
資料集めや調査をさせていただきました。

次回はいよいよ6月議会です。
初日は、6月7日(木)です。


2007.05.08
おはようございます。

今朝のブログは、昨日お伝えしたいと思っていた内容です。
しかし、パソコンの接続状況が悪かったため、
今朝になってしまいました。

さて、昨日、私は
「和光市議会全員協議会」に出席してまいりました。

“全員協議会”とは、正規の議会に掛ける議案・議題について
事前に議員全員が参加して、討議する場です。

(※そのため、私の判断ではありますが、
 昨日の全員協議会の内容で、公に出来ることは少し限らせていただきます。
 正式に決まった際には、必ず皆さまへご報告させていただきます。)


その中で、大きなポイントと言うと、
「議長」「副議長」の自薦他薦での立候補を受けつけた、ということです。

それぞれ、2名ずつ立候補がありました。

近日開催される「臨時会」で投票が行なわれ、
正式に決定されます。

この決定を受けて、「常任委員会」の決定など
多くのことが決まっていく、という流れになっています。

私は今週は、6月議会での一般質問に向けて、
過去の各議員の質問内容のチェックや、情報収集を進めます。

市役所(議会棟)には、過去の資料を集めた
図書室があります。
どうやら、そこで過ごす時間が長くなりそうです。
  BackHOME 
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
井上わたる
年齢:
40
性別:
男性
誕生日:
1979/10/01
バーコード
ブログ内検索

井上わたるの和光ブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP