井上わたるの和光ブログ

和光市選出の埼玉県議会議員。埼玉県政や和光市のことをわかりやすく伝えます。

2020.05.28

こんにちは。

コロナの影響は一時的なものではなく、今後も常に続きます。
それに伴い、議会の在り方も変わっていく必要があると思っていました。



5/28の埼玉新聞一面です。

写真の説明はありません。


どちらかというとあまり先進的な提言は控えめ…だと思っていた
「都道府県議長会」からこうした提言が出されたのは画期的だと思います。



現に、県に対策本部が設置されている間、
埼玉県議会ではソーシャルディスタンスを確保するため、
机のないところに仮椅子を置いて、本会議を行います。



必要な措置ですが、実際に4月30日の4月臨時会で経験してみましたが、
メモも上手に取れません。。。
「本会議に居ること」を満たすためだけの処置です。



委員会のほうは開催が認められれているわけですが、
実感としては、活発な議論を行う委員会よりも、
形式的なやり取りの多い本会議のほうがオンラインには向いていると感じています。



現時点では、あくまで「要請を行った」というだけであり、
国の決定を待たなければなりませんが、
いざその時が出来たときのための準備は
早いに越したことはないと思っています!



既に磐梯町議会はその社会実験に乗り出したというニュースもありました。

https://www3.nhk.or.jp/…/fukushima/20200526/6050010357.html…


また、神奈川県の大和市で
日本初の「歩きスマホ防止条例」を6月定例会に提案するとのことです。



写真の説明はありません。


実は、私も前任期中に、会派でプロジェクトチームを立ち上げ、
骨子案を作るところまで進めました。

条例ですので議員側からの提案も可能ですが、
県全般に関わることなので、私は議会の一般質問で取り上げることとし、
県民生活部長への提言をすることにしました。





(参考:県議会会議録URL①)
http://www.pref.saitama.lg.jp/…/gikai-gaiyou/h3006/e051.html




結果としては「条例制定の必要性を研究してまいります。」との回答で、
それとは別に
「歩きスマホによる事故防止については、より一層努めてまいります。」
との回答でした。



今後の大和市の条例制定の流れや、
施行後の反応などを注視していきたいと思います。


(参考URL:全国紙URL②)
https://news.yahoo.co.jp/…/97cd428f5c85e9577f45c24482540db0…






  BackHOME : Next 
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
井上わたる
年齢:
40
性別:
男性
誕生日:
1979/10/01
バーコード
ブログ内検索

井上わたるの和光ブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP